反対咬合

下アゴが大きく前方に突出した著しい受け口

(13歳 中学2年生女子)

これまで受け口の治療についていくつかの病院で相談してきましたが、どちらの病院でも手術についての説明を受けてきました。私としてはできれば手術を受けたくなく、早く咬み合わせの改善を受けたいと思っていました。たまたまこちらの先生の説明を受け、治療することにしました。今は咬み合わせもきれいになって本当にほっとしています。

治療前
ex-a-01ex-a-02ex-a-03

院長コメント
手術をする場合下アゴがほほ成長が完了してから手術を行います。それは手術後のアゴの成長による後戻りを防ぐためです。そのために手術は20歳前後から行ないます。この間ずっと受け口のままで生活することになります。特に心の変化の大きい年代に受け口のままでいることは本人にとっても家族にとっても負担かもしれません。

この患者さんは骨格的に著しいアゴの前後的な問題(大臼歯関係Full ClassIII)と上顎歯列弓の排列不正を含んだ著しい骨格性の反対咬合です。上下の咬み合わせが前後的に正常なときは上顎犬歯は下顎の犬歯と小臼歯の間にくるのが望ましい咬み合わせです。

治療中
ex-a-04ex-a-05ex-a-07

ex-a-07ex-a-08ex-a-09

ex-a-10ex-a-11ex-a-12

治療後
ex-a-13ex-a-14ex-a-15

この患者さんの場合、治療前の上顎犬歯の先端は下顎の犬歯と小臼歯の間から左右ともに4mm(約半咬頭)のズレがあります。これだけ大きな骨格的なズレがある場合は通常の矯正治療のみでは治療が困難で、手術による方法を選択します。
患者さんの強い希望もあり矯正治療にて改善を行ないました。

治療後、排列不正も改善され、上下の咬み合わせも望ましい状態に改善されました。

著しい骨格性不正咬合の改善について

不正咬合のなかでも前後的異常を示すものに上顎前突や下顎前突があります。
また、垂直的異常を示すものに前歯部が咬み合わない開咬や咬み合わせが非常に深い過蓋咬合があります。

特に開咬を示す不正咬合の治療は従来より最も難しいものとされ、これまで多くの矯正専門医を悩ましてきました。

そして、この不正咬合の症状は上顎(上アゴ)と下顎(下アゴ)の三次元的な骨格的ズレが大きくなればなるほど症状も重篤なものになってきます。このように著しい骨格的な異常を伴うような不正咬合の中で反対咬合を示す受け口の矯正治療は成長中の子供のときから長期にわたって経過観察や治療を行ってきました。

近年、このような大きな骨格的ズレを伴うような不正咬合に対しては成人になってから積極的に外科手術を行い、骨格的な調和を整えて機能的な改善をおこなったり、また、顔貌の審美的な改善を行い不正咬合の改善を行っています。 ところで、矯正治療においても従来の治療法に比べて、歯列弓全体の個々の歯の位置を三次元的にコントロールすることによってより大きな骨格的な改善が得られるようになってきました。

即ち従来ならば手術を行って治療してきたような著しい不正咬合に対して矯正治療のみで前後的、垂直的改善が可能となってきました。また、こうした治療法によって従来の治療法であれば小臼歯の抜歯が必要とされてきたケースに対しても極力抜歯の本数を減らすことが可能となりました。
こうしたことから当院においては矯正治療で治療が可能であればできるだけ手術をしない方法を採用したいと考えています。
特に重度の受け口、開口、顎の非対称などの治療に大きな効果が見られ、こうした治療に当院では積極的に取り組んでいます。