よくあるご質問

下記のQ&Aは多数寄せられた患者様のご質問です。
これらに該当しないご質問・お問合せ内容はお気軽にフォームよりお問合せ下さい。

Q矯正治療って何ですか?

A不正咬合は疾病ではありません。
しかし不正咬合の状態を長く放置しておくと将来的に様々な不都合を生じてくる可能性があります。
とくに成長中の場合は咬み合わせの異常はアゴの正常な発育にも影響を及ぼしてくることもあります。
ただ単に歯並びを整えて見た目をきれいにするだけではなく不正咬合によって生じる様々な問題(虫歯、歯グキの問題、咬み合わせ、ひいては全身的な歪み)を矯正治療によってできる限り予防し、生涯において本当の意味でのQuality Of Lifeを高めることに主眼を置いています。
当歯科医院ではただ単に歯ならびを整えるだけではなく、美しい口元-安定した咬み合わせ-全身との調和を重視し-Holistic(全人的)な治療に取り組んでいます。

Qどんな場合に治療が必要ですか?

A歯ならびがふぞろい、歯がねじれている(乱ぐい歯)
歯と歯の間にすき間がある(すき歯)
出っ歯、うけ口のように上アゴと下アゴの間の不調和
奥歯で噛んだとき、前歯がうまくかみ合わない(開咬)
歯がうまくかみ合わないため、発音が悪い
歯ならびが悪いために顔の表情がおかしい

Q矯正治療をはじめる時期はどれくらいですか?

A治療をはじめる最良の時期は、その症状や年齢によっていろいろです。また、同じ年齢でも、歯やあごの発育の状態によって、治療期間、内容は違ってきます。
必ずしも永久歯が生えそろってからでなければ矯正治療はできないということではなく、乳歯の頃から治療した 方がいい場合もあります。
矯正治療をはじめるベストの時期は矯正の専門医のところで、診察、精密検査…を受けて決められます。
ですから、歯ならびがよくない…と思われたときは、とりあえずかかりつけの歯医者さんか、矯正の専門医にご相談のうえ、診察をうけましょう。
ところで、この矯正治療は成長がおわった成人でも治療は可能です。
もう遅いとあきらめずに、一度診察を受けてみてください。

Q矯正に使う装置はどのようなものがあるの?

A矯正装置には、取りはずせるもの、この中に固定してとりはずせないもの、セラミック製の目立たないもの、また、表から見えない歯の裏からするもの(舌側治療)もあります。
とくに仕事をされている大人の方には舌側治療をおすすめします。

Q治療期間と通院について教えてください。

A歯ならびが悪いという場合、あごの発育状態と深い関係があります。あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪い場合に、出っ歯、乱ぐい歯、すき歯、八重歯…などになります。
こうした場合には、歯の大きさとあごの大きさをあわせるために(噛む力を弱めたり、身体に害を及ばさない範囲で)永久歯を抜くこともあります。
矯正治療には、症状によっては、非常に長くかかることもあります。
ただし、一般的な治療期間の目安としては3~4週間に1回の通院で、約1年半から2年半くらいです。

Q矯正治療は抜歯しないとだめですか?

A不正咬合の治療の際に前歯と奥歯の間にある小臼歯を抜いて治療することがしばしばあります。しかし、たとえ歯並びが悪くても必ずしも歯を抜いて治療するとは限りません。
ホームページ上のでこぼこの治療例にもあるように歯を抜かないできれいな歯並びに治療することも可能です。
このためには治療前に患者さんのアゴの模型やレントゲン写真を撮って十分に精査する必要があります。

Q矯正治療は保険がきかないのですか?

A矯正治療は現在のところ自由診療(保険がきかない治療)になっています。一部の患者さんでは健康保険の適用が受けられます。
特に口唇口蓋裂の手術を受けた方、また、顎変形症などによりアゴの手術を受ける方の矯正治療は現在保険が適用になっています。

Q医療費控除とは?

A家族の医療費を含め1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費の合計が10万円以上かかった人(もしくは収入の5%以上かかった人)は確定申告の際に所得金額より総医療費を医療控除として所得から差し引くことができます。
そして年間にかかる所得税を軽減することができます。
不正咬合による矯正治療は美容目的でなく医療目的であるために成人矯正も控除の対象になります。